AOSHIMA

初心者でもカンタン! プラモデルの作り方 ~プリペイントモデルを作ってみよう~

1.はじめに

プラモデルを作りたいけど、何をどうしていいか分からない、初めてだけどなるべくうまく作りたいという方のためのプラモデル製作講座です。ここで基礎知識を身につけ、この先に待っているすばらしいプラモデルの世界をご堪能ください。

キット内容

今回製作するキットは、模型初心者にもおススメの大人気シリーズ!

1/24 プリペイントモデル No.36
TOYOTA 86’12 ライトニングレッド

1/24 プリペイントモデルシリーズは、組み立てるだけでリアルなモデルが完成する、塗装済みキットです。ボディ・外装パーツ・ホイール・内装&窓枠が塗装済み、レンズ類は色分け成形されているため、ランナーからパーツを切り出し、後は組み立てるだけ!

  • AT・MTノブ選択式、オプションのナビ・オーディオレスパネル選択式、トランク開閉可能、カップホルダー取り外し可能、ローダウン可能、キャンバー角変更可能、テールランプ等クリアーレッド成型。
  • 輸出仕様(左ハンドル)にも組み立て可能。
  • 本製品で日本仕様「TOYOTA 86 2012モデル」、欧州仕様「TOYOTA GT86 2012モデル」、北米仕様「SCION FR-S 2012モデル」のいずれかを組み立てる事ができます。
  • SCION FR-S専用パーツとして、フォグ無しバンパーウインカーパーツ・ハロゲンヘッドライトパーツが付属します。

TOYOTA 86 '12とは

2012年4月にトヨタ自動車株式会社から満を持して発売された「TOYOTA 86」は、走る事の楽しさを追求したFRスポーツカーです。エクステリアは「低く楽しく美しく」をキーワードにデザインされており、2リッターの水平対向4気筒自然吸気エンジンをフロントミッドシップに搭載する事により、低重心を実現しています。量産4人乗りスポーツカーとしては最小サイズです。

こちらがキットの全パーツです。
上記の写真を見ての通り一般的な無塗装のキットと比べ、塗装が必要な部分は全て塗装が施されており、組み立てるだけでとても素敵な完成品が作れる夢のようなプラモデルです。完成すればリアルなTOYOTA 86があなたのお手元に!!

一般的な無塗装のキットとパーツの比較をしてみよう

一般的な無塗装のキットとプリペイントモデルとのパーツの比較(左:無塗装キット、右:プリペイントモデル)。写真でもわかる通り、プリペイントモデルの各パーツは細かい部分まで塗り分けられいて、塗料を使うことなく完成させる事ができます。

ちなみに…

比較キットの紹介

ザ・モデルカー No.1
1/24 トヨタ ZN6 TOYOTA86’12

一般的に「プラモデル」と呼ばれているキットです。今回使用するプリペイントモデルシリーズとは違い、各パーツに塗装の作業が必要になります。自分の好きな色に塗装したり、改造ができることが最大のメリットです。

「2.道具のご紹介」へ

PAGE TOP