AOSHIMA

V.F.G. マクロスΔ VF-31J ジークフリード

コンセプト

ヴァリアブルファイターガールズ、発進スタンバイ!

『マクロスΔ』より、劇中で活躍した「VF-31J ジークフリード」が、バトロイドモードでは少女がパワードスーツとして身に纏う姿になって登場!ガウォークモードではライディングポジション、ファイターモードの機体は実機に近いプロポーションで、マクロスの醍醐味である3形態を再現。接着剤不要のスナップフィットプラモデル、ヴァリアブルファイターガールズ『V.F.G.』、いよいよテイクオフ!

手前のパーツは各形態組替用パーツ。

VF-31Jの機体はおおまかに3パートに分かれ、組替えにより各形態へと変化する。

  • 価格:6,800円(税別)
  • 発売:2018年4月発売予定
  • スケール:nonスケール
  • サイズ:機体全長:約205mm
    素体全高:約155mm
  • 商品仕様:変形、組替えによる3形態再現
    スナップフィットモデル
    色分け成型
    カラーリングシール付属
    台座は付属しません
  • 素材:PS/ABS/PVC

商品詳細ページへ

ファイターモード

ファイター形態の成立は、三段組替え変形を実現するための重要なファクターであるが、少女の身体に装着されるVF-31Jは、機体脚部に少女の脚が入り込むことから、実機と比較すると機体脚部が幾分太くなった。しかしながらファイター形態上面より望むアウトラインを、実機に近しい形状を維持しながら設計することで、破綻の無いプロポーションを実現。見る角度によっても航空機として違和感なく仕上がっている。

VF-31Jと少女の対比。ファイター形態では機体と少女は別個の状態となる。

ガウォークモード

ガウォーク専用グリップハンドル。

エンジンナセルカバーより展開されるフットペダル。

マクロスの代名詞でもある「ガウォーク」。本形態ではキャノピー後部のフォールドクォーツ部よりハンドルを展開(製品ではハンドルパーツを装着)、エンジンナセルリアカバーを開き、引き出したフットペダルに少女の足を乗せることでライディングポジションをとる。ガウォークが持つ形式美と少女のライディング時のプロポーションバランスを成立させるため、少女素体の可動については「ガウォーク搭乗時に後頭部からヒップにかけて美しいライン形状を保つこと」を追及した設計となっていることも重要なポイントだ。

腕部はガウォーク、バトロイド専用の差替えパーツとなっている。コンテナにあたる部分はシートイメージとなるが、ポージングやシチュエーションに合わせて着脱可能。

バトロイドモード

「マクロスの世界観で実在しうるキャラクターであってほしい」との河森正治総監督のイメージに合わせ、ジークフリード脚部にあるエンジンを再現。またエンジンナセルを展開し、空いたスペースに少女の足をはめ込むギミックを盛り込むことでパワードスーツ的なリアリティを実現した。そして機体主翼の可動や、少女素体の幅広い可動域も相まって、バトロイド状態でも多様なポージングを可能としている。

エンジン再現とエンジンナセルカバー展開。

主翼部の変形、片翼ごとの可動により多彩な表現が可能。

バルキリー少女

流線的でスマートなイメージのジークフリードを身に纏う少女は、機体と彼女とのメリハリをつけるため、グラマラスな曲線美を持つロングヘアーの女の子に。各形態再現において、プロポーションを崩さず無理のないポージングを実現。表情パーツも用意して、様々なシチュエーションへの対応が可能となっている。

<付属フェイスパーツ>

  • 差替えフェイスパーツは3種類
    (表情有2種、タンポ印刷無し1種)
  • アイデカール付属

※画像は試作品で撮影用に塗装されています。実際の商品とは異なる場合がございます。

※撮影協力・ホビージャパン

©2015 ビックウエスト

PAGE TOP