第2回テーマ
「1/700スケール 船」

○ベースの船は1/700スケールのアオシマキットを使用したもの
○ディテールアップパーツは他社製品問わず使用可
○公序良俗に反するような作品は不可
(例えば特定の国との紛争を連想させるもの、沈没、過激な破壊的表現等は史実であっても不可)
○固有のキャラクターやラノベ、アニメ、OVA等の作品を直接的に連想させるものは不可

※あわせて下記の「よくあるご質問」をご覧ください。
よくある質問はこちら
実施期間
2018年1月16日(火)〜2018年2月28日(水)

たくさんのご応募ありがとうございました!

結果発表

金賞

ワレ ホキウヲ モトム
ワレ ホキウヲ モトム
投稿者:Tirol Craftさん
洋上に佇む大鯨、そして補給を受ける伊号潜水艦。
洗濯物を添えることで、ひと時の休暇を過ごしているシーンを想像するに難くなく、その中でも水偵はカタパルトと共に洋上を向いているところは、戦時下の緊張を物語る上で良きアクセントと感じました。

そして今まさに浮上せんとする伊19は、おそらくこの瞬間、艦内は浮上動作による緊迫感と、補給前の高揚感とが入り混じる状況だったでしょう。
ジオラマの断面を利用し、海中を含む潜水艦全体の像を見せることで、よりダイナミックさが増し、停泊中の艦艇とのギャップを上手く築いています。

多様な角度から撮影することでも、本作品の持つイメージもだいぶ変わりそうです。
そんな「静」と「動」の再現が非常に印象深く、模型制作技術も相まって、いつまでも見ていたい作品と感じ本作品を選ばせて頂きました。

ご応募ありがとうございました。
【プラモデル フォトコンテスト事務局】

銀賞

深く静かに潜航せよ
深く静かに潜航せよ
投稿者:おやしおさん
「フォトコンテスト」にふさわしい作品です。
まるで、映画のワンシーンのような写真画像です。
表題の通り、伊19が海底深く潜行し、頭上には海面の揺らぎまで見える、手の凝った演出です。どうやって撮影したのでしょう。
キットは素組みということですが、模型作りは工作技術に頼らなくても、ビジュアル的にここまで表現できるということを証明していただいた見事な作品です。
これから模型作りをやってみようという人たちが増えそうな、メーカーにはありがたい作品でした。
【プラモデル フォトコンテスト事務局】

銅賞

上田毅八郎画伯に捧ぐ
上田毅八郎画伯に捧ぐ
投稿者:桜華さん
博物館の展示品風に作ったというコメント通りの、ジオラマ風に仕立てられた作品です。
背景にある上田氏のイラストや説明文はパッケージからの転用だと思われますが、効果的に使われており、見事な演出です。
船そのものにも適度に手を加えられており、ミュージアムなどで展示されている模型風で、リアル志向が強い昨今の風潮のなか、フルハルモデルの特徴を生かした見事な作品です。
タイトルの「上田毅八郎画伯に捧ぐ」、その言葉通りの作品でした。
【プラモデル フォトコンテスト事務局】

審査委員賞

扶桑1935
扶桑1935
投稿者:グローブシュニットさん
丁寧に工作された作品、ドラマ性を感じさせる写真合成やジオラマ、模型ならではの楽しみである架空艦などバラエティに富んだ作品の中かから、一点を選出するのはとても迷いました。テーマは「艦船模型」であることから、思い思いの方法で海面を製作した作品の多さに驚きました。やはり、艦船は「海と空」なのでしょうか?
そんな作品の中から、選出させて頂いたのは、グローブシュニットさんの「戦艦扶桑1935」です。

コメントに「渾身の作」とあるように、実艦写真、公式図面を参考にパーツの整形、エッチングパーツや真鍮挽き物砲身などで各部ディテールアップを行なっています。一見すると超絶工作の作品に見ますが、注目して頂きたいのは、シャープさに勝るエッチングパーツに負けないように、プラ部品は模型工作の基本であるきっちりとした面出しとエッジの強調を行い、それ以外の部分も薄い部分は薄く、細い部分は細く仕上げています。また全体のバランスも破綻なく均等が取れています。
フォトコンテストですので、写真のエモーショナルさがポイントになるかと思いますが、近年の艦船模型は精密なエッチングパーツでのディテールアップが主流になっています。しかし、エッチングパーツを組み込む前にベースとなるプラ部品の基本工作をしっかり行うことこそ、重要だと私は考えているので、改めてその重要さを痛感させて頂きました。
そして最大の決め手となったのは写真です。
水線付近からの画像は、仏塔のように背の高い艦橋でありながら、バルジ装着と艦尾延長で安定感を増した本艦のプロフィールを見事に表わしています。艦橋にマッチ棒を立てかけた画像は、ポーランドの超絶艦船モデラー、ヤヌス・スコルスキー氏が1/1000「高雄」で行っていた写真へのオマージュと受け取りました。艦船モデラーには一度はやってみたいことの一つなので、とてもニクイ演出です。
戦艦「扶桑」と言えば「違法建築のような艦橋の艦」というイメージでとても人気があります。模型はスリガオ海峡夜戦で悲劇的な最期を遂げた最終時を選択する方が多いなか、グローブシュニットさんは艦橋上部に主砲射撃指揮所/方位盤を備え、三番砲塔に射出機を装備した「扶桑」が最も美しかった時期を選択するあたり艦船模型、船という洋上の構造物がとてもお好きな方だと想像しました。

ありがとうございました。
【モデルアート編集部 内藤 純一氏】

ユーザー賞

砲艦保津1943
砲艦保津1943
投稿者:雪風の人さん
ユーザー賞は投票数797票を獲得した雪風の人さんの「砲艦保津1943」です。
おめでとうございます!
【プラモデル フォトコンテスト事務局】

受賞賞品

受賞賞品 スマホ用

投稿作品

海上自衛隊補給艦ましゅう48 涼月397 巨艦ノスタルジー0 日本郵船「春日丸」入港116 羊の皮を被った狼17 そして空母へ289 制作スペースからの抜錨!!23 蒼き龍0 護衛艦 まきなみ20 秋津洲流戦闘航海術⁉かも266 武蔵、最後の出渠40

過去のコンテスト

  • ノーマル(純正)カー

人気のAOSHIMAワード

応募規約

投稿に関して

  • 投稿いただく写真は、当社製品を使用し、投稿者本人が製作・撮影された写真に限らせていただきます。
  • 投稿フォームからの投稿のみ受け付けさせていただきます。メール・郵送による投稿は受け付けできません。
  • プロ・アマ問わず、どなたでもご投稿いただけます。
  • 期間中、何回でもご投稿いただけます。
  • 著作権に違反する写真、プライバシーを侵害する写真の投稿にご注意ください。

掲載・受賞に関して

  • 投稿いただいた作品は、内容確認後に当コンテストページに掲載されます。
    ※投稿から掲載までお時間がかかる場合がございます。ご了承ください。
  • コンテスト期間終了後、審査の上、受賞作品を決定致します。
  • 受賞者の方へは、投稿フォームにご入力いただいたメールアドレスに、受賞のご連絡をさせていただきます。
  • ご入力いただいた情報の誤りや漏れなどにより、ご連絡が取れない場合、受賞の権利を無効とさせていただく場合がございます。

その他

  • 投稿作品の著作権は、投稿をもって当社に帰属するものとし、当社のホームページや広告物、イベント等に使用させていただく場合がございます。その場合、特に個別にお知らせすることはございませんので、あらかじめご了承ください。
  • 以下の項目に当てはまる投稿はご遠慮ください。また、当社が以下の項目に当てはまると判断したものは、当コンテストページへ掲載されませんのであらかじめご了承ください。
    • 公序良俗に反する内容
    • 売買及びそれに準ずる行為、特定サイト及びアドレスの掲示や宣伝行為の意味を含んだもの
    • 当サイトの運営を妨げ、信頼を毀損するような行為を含んだもの
    • 当サイトのテーマ意図と異なるもの
    • 特定のキャラクターやタレントの権利に抵触する恐れのあるもの
    • 特定の個人、企業、団体などを中傷したり、プライバシーを侵害するもの
    • 他人の著作権、肖像権に抵触するもの
    • その他当社が不適切と判断するもの

個人情報の取扱に関して

  • ご記入いただいた個人情報は、当コンテストに関わる目的以外の用途には使用いたしません。
  • その他の個人情報の取り扱いに関しては、プライバシーポリシーをご参照ください。
トップに戻る